JASLA紹介

紹 介

 1993年に第二言語習得研究会は正式に産声を上げ、初期は関東、関西の2ブロックで活動が行われていました。関東はお茶の水女子大学、関西では京都外国語大学を中心として定例的な活動が行われ、年に一度の全国大会が開かれました。1997年には、第二言語習得研究会のジャーナル『第二言語としての日本語の習得研究』が発刊され、JASLAという名称もこの時から使われるようになりました。 2001年以後、中部ブロック、海外ブロックも設置されましたが、参加者の全国的広がりにあわせて、2007年にブロック制を廃止し、各地で全国大会が開催されるようになりました。年に一度の全国大会のシンポジウムも2000年にお茶の水女子大学で開催された第11回大会、「教室志向の第二言語習得研究:言語形式の焦点化(Focus on Form)」を皮切りに、毎年開催され、2018年度は、第29回大会(鹿児島大学)で「学習科学:学びのデザイン」と、今日まで様々なテーマを扱い、全国大会を開催してきました。2019年には、いよいよ第30回記念大会を迎えることになりました。
 第二言語習得研究会のジャーナル『第二言語としての日本語の習得研究』も順調に号を重ね、2017年で20号となりました。ジャーナルには第二言語としての日本語習得の様々な側面の研究が収められていますので、ぜひご一読ください。
 日本国内だけでなく海外においても日本語を主なデータとする第二言語習得研究者の数も増え、現在は、世界中に研究者がいます。第二言語としての日本語の習得研究の理論的な研究はもちろんのこと、研究結果を社会に、教育現場に活かすことにも力を入れて、理論と実践のインターフェイスを目指し、社会貢献、特に、日本語教育の実践現場の世界に貢献しています。今後も第二言語習得研究会は、「理論と実践」の両方を追究するという研究会発足当初に掲げられた基本姿勢は変わりません。
 1980年代後半から1990年代前半にかけて日本に第二言語習得研究を紹介し、そのドアを開いた第1世代、その指導を受けて1990年代後半から2000年代前半にかけて活躍した第2世代、そして、その第2世代の人たちが育てた第3世代の若き研究者が様々な学会、研究会で活躍している状況を見ると、日本の第二言語習得研究も発展期、成熟期に入ってきたかなという印象を受けます。
 本研究会は会費制の会ではなく、どなたでも参加、発表、投稿ができます。ご関心がおありの方は、ぜひ一度、大会会場に足をお運びください。

会長 坂本正

会 則

会則(2013年4月1日改正施行)

組 織

会長 坂本正
副会長 松崎寛
幹事 坂本正,松崎寛,橋本直幸,奥野由紀子,小山悟,宇佐美洋,堀恵子
ジャーナル委員会

委員長 橋本直幸 副委員長 奥野由紀子
委員 木下 直子,邱 學瑾,佐藤 礼子,杉本 巧,深田 淳,柴田 智子,西俣(深井)美由紀,中石ゆうこ,吉澤真由美,菅生早千江,木山三佳

査読委員 李在鎬,末繁美和,義永美央子,松下達彦,高橋恵利子,山本冴里,柳田直美,麻生迪子,小口悠紀子,小西円,小林明子,高橋薫
大会運営委員会 委員長 小山悟 副委員長 宇佐美洋
委員 石澤徹,岩下真澄,岩田夏穂,高村めぐみ
広報委員会 委員長 堀恵子
委員 早川杏子
会計委員会 委員長 松崎寛 

連絡先

全国大会

小山悟
九州大学留学生センター  
Email: koyama.satoru.188[a]m.kyushu-u.ac.jp

ジャーナル

橋本直幸
〒813-8529 福岡市東区香住ケ丘1-1-1 
福岡女子大学国際文理学部
jasla.journal.21.22[a]gmail.com
092-692-3136

予稿集 松崎寛
〒305-8571つくば市天王台1-1-1 筑波大学人文社会学系
E-mail:matsuzaki.hiroshi.fp[a]u.tsukuba.ac.jp Tel/Fax:029-853-6288
サイト・メーリングリスト 堀恵子
E-mail:khori34[a]gmail.com