Welcome !

ようこそJASLAへ!

WHAT'S NEW

  • 2020年7月27日更新
    第31回全国大会の発表募集締め切りを8月17日まで延長しました。
    ・大会案内はこちら
    ・応募要項はこちら
  • 2020年6月23日更新
    第31回全国大会の発表実施方法・応募要項を公開しました。
    ※第31回全国大会についての詳細はこちら
  • 2020年1月20日更新
    第30回全国大会の基調講演・シンポジウムの資料を公開しました。
    →資料の公開は2月末をもって終了しました。
  • 2020年1月15日更新
    組織のメンバー,連絡先を更新しました。
    ・詳しくはこちらのページをご覧ください。
  • 2019年1月6日更新
    第7回佐々木賞受賞者が決定,授賞式を行いました。
    ・詳しくはこちらのページをご覧ください。
  • 2020年1月6日更新
    第30回第二言語習得研究会大会 お忘れ物のお知らせ
    会場に以下のお忘れ物があり、当方でお預かりしております。
    お心当たりのある方は、 jasla.taikai.2020.2021[a]gmail.com までご一報ください。
    ([a]をアットマークに置き換えてください)

    1)予稿集とフリクションの多色ボールペン(グレー)
    クロージングパーティの会場にありました。予稿集には青いペンで書き込みがあります。

    2)ANKERのモバイルバッテリー
    207教室(1日目の口頭発表1・3会場)にありました。ケーブルに赤い断線防止がついています。

    JASLA大会運営委員会
  • 2019年12月25日更新
    第30回(2019年)全国大会は2019年12月21日(土)・22日(日)に終了しました。
  • 2019年3月14日更新
    ジャーナルのページに,過去の論文一覧を載せました。
    ・詳しくはこちらのページをご覧ください。
  • 凡人社で「第二言語習得研究会 全国大会 予稿集」を販売中です。
    ・詳しくはこちらのページをご覧ください。

TOPICS

◆ジャーナル『第二言語としての日本語の習得研究』にご投稿いただける論文の種類が変わりました。

(1)一般研究論文:著者のオリジナルな研究をまとめたもの。追究する研究課題の価値を当該研究分野に位置づけたうえで,妥当性のある方法によって結果を報告し,十分な考察を加えることが求められる。
(2)事例研究論文:実践的な研究および試行的な研究をまとめたもの。報告する価値のある研究課題や実践について,妥当性のある方法によって,結果を報告することが求められる。
(3)展望論文:ある特定分野の最近の研究動向,今後の展望を著者の観点からまとめたもの。複数の論文を紹介するだけのものは展望論文とはしない。
投稿規定はこちら

◆本研究会は入会費、年会費なしの研究会で、全国大会に参加された方の参加費とジャーナルの販売により運営されています。どなたでも参加、発表、投稿ができます。まずは会員登録を!

【重要】 会員登録はメーリングリストへの参加をもって、登録と見なします。

◆メーリングリストへの参加はこちらの手順で行ってください。

◆メーリングリストへの投稿方法は,こちら。(会員のみ投稿可)